Gadgets.‎ > ‎

Bivouac light.

Bivouac light(ビバーク・ライト)という名前で販売されている商品です。ビバーク・ライトという呼び方はあまり耳にしませんね。むしろ、電池式ランタンという呼び方のほうがしっくりきます。

では、いつものようにfocalprice.comに記載されているスペックから見てみましょう。
  • LED camping/bivouac light, suitable for camping, reading, boating, fishing, car repairs.
  • LED bulb life: 100,000 hours.
  • Durability with 15 pcs bright LED.
  • 11 LEDs.
  • Brand new LED bivouac light, high quality, durable in use.
  • Powered by three AA batteries (Batteries not included).
Product Details:
weight:127 g
size:13.2*7.6*5.2 cm

Pack including:
1 × LED Bivouac Light

いつものことながら、foclprice.comの表記は間違いが多いですね。LEDが15個と書いてあったり、11個と書いてあったり。結構なズッコケぶりです。ちなみに、お値段はus$4.78で、お手軽な価格と思います。

では、品物を見ていきましょう。先ずは箱から。ちょっと頑張って、いい感じに作った箱ですが、中華独特の安っぽさを醸し出しています。もちろん、説明書はありません。箱に申し訳程度に吊り下げ用フック、LED、電源スイッチの位置が図示されているだけです。本体は、直に箱に入っておりまして、緩衝材やビニール袋には入っておりません。過剰包装に慣れた日本人には、あまりにもそっけない梱包に感じます。


箱から取り出した本体です。底面と透明プラスチックの部分を除いて、黒色の艶消し塗装が施されています。この艶消し塗装ですが、油汚れが付着した場合、拭き取りが難しそうです。でも、結構いい感じの塗装です。サイズは、思っていたより小さく、持ち運びに苦労することはないと思います。


下のほうから覗き込むと、LEDが見えます。使用されているLEDは5mm砲弾型のプラスチックパッケージのものです。四隅に二個づつ、中央の一段飛び出した部分に三個搭載されて、合計11個のLEDが搭載されています。
本体中央にある四角い突起が電源スイッチです。この電源スイッチはプッシュ式で、やや強めに押し込むようにしないとスイッチのON/OFFはできません。誤って、電源のON/OFFをしてしまうことは無いでしょう。


LED部分のアップです。LED搭載部分は、銀色のメッキが施された樹脂製です。中央部に突起がありますが、恐らく光を拡散させるためと思われます。発光部分と対面する底面も、銀色のメッキが施された樹脂製で、やはり中央部に突起が設けてあります。この構造も光を拡散させるためと思います。


本体底面には電池ボックスが設けられています。ここに、三本の単三乾電池を入れて使用します。


電池ボックスの蓋を開けたところです。奥に一本、手前に二本の乾電池を入れます。


本体上面には、吊り下げ用のフックが設けられています。フックは樹脂製(芯に金属が入っているかどうかは解りません)で、やや頼りない印象です。本体重量がさほど有りませんので、落ちても大事には至らないと思いますが、吊り下げ使用は控えたほうが良いかもしれません。


フックを起こしたところです。


点灯してみたところです。まぶしいほどの明るさはありませんが、ランタン本来の目的は十分果たせる程度の明るさは確保されています。メンテナンスや安全性の面ではキャンドル式ランタンよりもすぐれているでしょう。しかも、白色LEDは紫外線を発しませんので、屋外での使用時に、虫を呼び寄せてしまうこともないでしょう。ただし、やや青みがかった白色LEDの光は寒々しく感じられます。やや黄色みの強いLEDの方が雰囲気はいいでしょう。


LEDの点灯した所をアップで見てみると、こんな感じです。光は、上方よりも下方に配分される量が多いです。
なお、点灯状態でAMラジオを近づけても、ラジオの音声にノイズが乗りませんので、恐らくコンバーターは搭載されていないと思われます。電流制限抵抗とLEDを直結した、所謂ダイレクトドライブ方式の回路ではないかと思います。


照射パターンは、全くのフラットというわけでは有りません。四隅に若干のムラのある照射パターンですが、実用上問題はないでしょう。

安価でコンパクトで軽量のLEDランタンです。キャンプなどでのアウトドアシーンでの利用もさることながら、納戸の整理など、ちょっとした暗がりの作業で重宝すると思います。お値段がお値段だけに、安っぽさは否めませんが、十分実用に耐える品物ではないでしょうか。