Gadgets.‎ > ‎

Kanen KM-801.

中国製イヤホン、Kanen KM-801です。購入もとのfocalprice.comでの販売価格は、us$5.21で、Kanenのイヤホンの中では中の少し上の価格帯です。
先ずは、いつものようにfocalprice.comの商品説明から見てみましょう。
 

Kanen KM801 Poratble Stereo In-ear Earphone (Black)

  • Simple, fashional and exquisite design offers users convenience.
  • Ideal for voice and video chat, music, PC gaming, movies, and voice recognition.
  • Compatible with portable music player.
  • Reverting natural sound.
  • Exact inner structure.
  • Unique design.
  • With a balanced voice performance, comfort the sponge padand stylish appearance, this earphone becomes the first choice of game players.
  • Frequency response 20-20,000Hz.
  • Impedance: 32Ohm.
  • Sensitivity: 96dB.
  • Cable length: 1.2m.
  • 3.5mm connecters plug jack.
 Product Details (including package):
weight:83 g
size:16.8*4*4 cm

Pack including:
1 × Kanen KM801 Poratble Stereo In-ear Earphone

かなり出来の良かったKanen KM-9xxのインピーダンスは16Ωでしたが、今回レビューするKanen KM-801のインピーダンスは32Ωです。したがって、Kanen KIM-9xxシリーズとは異なったドライバが使用されているはずです。Kanen KM-9xxがなかなかの実力派揃いだったため、異なったドライバが使われているとなると、少しいやな予感がします。

パッケージの方は、非常にコンパクトにまとまっています。少々肉厚の透明樹脂で作られた角型のパイプ状のパッケージとなっています。
 
パッケージ側面には、Extra Bassという記述がされており、低音域にボリュームを持たせているようです。
 
パッケージには、真贋を確かめるために使用するスクラッチシールが張られています。そして、このシールが封印を兼ねています。
 
 パッケージ背面のスペック記述部分です。英文と中国語で表記されています。
 
ケーブル長は、1.2mでジャックはΦ3.5mmのストレートタイプであることが記載dされています。
 
パッケージを開け、イヤホン本体を取り出したところです。通常入っているはずの、交換用イヤーピースがKanen KM-801には添付されていません。そこそこのお値段の割には付属品をケチっているようです。
 
イヤホン本題部分は、金属色の樹脂で作られており、見た目はよろしいのですが、恐ろしく軽いです。
 
ドライバ背面には、息抜き用の穴が設けられています。この構造は、Kanen KM-92やKanen KM-928とよく似たデザインとなっています。
 
音道の出口は金属メッシュでふさがれています。
 
ケーブルは左右同一の長さのY字型の構成となっています。そして左右のケーブルの分岐部分は、柔軟性のある樹脂でモールドされており、"CHINA"と記述されたエンブレムが貼り付けられています。
 
"CHINA"の裏側には、"Kanen”と書かれたエンブレムが貼り付けられています。絡まり防止用のスライダーは設けられていませんが、運気部分で左右のケーブルに距離が設けられていますので、絡まりにくいでしょう。
 
プラグ部分は、Φ3.5mmのステレオタイプで、ストレート型となっています。端子部分は金メッキが施されています。
 
 さて、肝心の音質の方ですが、確かに低音域はボリュームがあるのですが、低音域と中音域および高音域のバランスがよくありません。低音域を強調していながら、高音域の華やかさが少ないため、全体的にくすんだ鳴り方です。篭もった音質とは違った、くすんだ音質です。投げ捨ててしまうほど悪くは無いのですが、好んで使いたいという感じではありません。
交換用イヤーピースが付属していなかったり、イヤホン本体部分が恐ろしく軽かったりと、値段の割に安っぽさの目立つイヤホンです。