Gadgets.‎ > ‎

Kanen MC-702.

中華イヤホンのKanen MC-702を入手しましたので、評価してみました。このイヤホンは、Kanenのイヤホンで最も価格が安いもので、購入時の価格はus$3.87でした。このイヤホンは、Φ10mmのドライバを使用し、スペック上の再生周波数が10~28,000Hzで、Kanon(Kanen)でも評判のよいKanon MD-52と同一のドライバが使われていることと思われたので購入しました。Kanon MD-52は評判が良いだけあって、聴感上3kHzあたりに少し癖がありますが、程良く締った量感十分な低音域と華やかに鳴る高音域を持っており、聴感上の再生帯域の広さは特筆に値するイヤホンでした。

さて、スペック上は同じ再生周波数帯域を持つ、Kanen MC-702はどのような音を聞かせてくれるでしょうか。

まずはいつものように、focalprice.comの商品説明を見てみましょう。

Kanen MC-702 In-ear Headphones (Silver)

  • With a balanced voice performance, comfort the sponge padand stylish appearance, this earphone becomes the first choice of game players.
  • Simple, fashional and exquisite design offers users convenience.
  • Ideal for voice and video chat, music, PC gaming, movies, and voice recognition.
  • Compatible with portable music player.
  • Reverting natural sound.
  • Exact inner structure.
  • Unique design.
  • Speaker size: 10mm.
  • Frequency response 10-28,000Hz.
  • Impedance: 32Ohm.
  • Sensitivity: 106dB.
  • Cable length: 1.2m.
  • 3.5mm connecters plug jack.
Product Details (including package):
weight:57 g
size:18*7*4 cm

Pack including:
1 × Kanen MC-702 In-ear Headphones
4 × Earcaps

focalprice.comから届いた、見慣れた白い封筒の封を切ると、Kanen MC-702が顔を出します。


Kanon MD-52Kanon MD-51の断面が三角形をしたパッケージとは異なり、Kanen MC-702のパッケージは、断面が半円形をしています。ただ、開けにくさはKanon MD-52Kanon MD-51と同様で、本当に開けにくいパッケージです。


パッケージを開けたところです。イヤホン本体と、交換用イヤーピースが二組付属しています。


イヤホン本体部分は、金属色の部分と白色樹脂の部分のツートンカラーです。


音道の出口は白色の不織布で塞がれています。


ドライバの背面部分は金属色となっており、この写真には写っていませんが、ケーブル引き出し部分の付け根に丸い息抜き穴が開けられています。従って、密閉型の構造ではありません。半密閉型の構造となっています。


ケーブルは布巻きタイプとなっています。また、プラグ部分は、Φ3.5mmの金メッキ ストレートタイプとなっています。ケーブルは左右が同じ長さのY字タイプとなっています。


付属の交換用イヤーピースは、2サイズ、二組となっています。


中華イヤホンで、密閉型カナル イヤホンの場合、ノイズ キャンセリング イヤホンと記述されている製品が多く存在しますが、この製品では、ノイズ アイソレーティングと的確な記述となっています。


スペックシート部分です。再生周波数帯域は10~28,000Hzとダイナミックドライバとしては広くなっています。また、ドライバ能率も106dBと高めで、なかなか期待させる内容となっています。


誇らしげに”Powerful BASS"と記述されています。なかなかやる気にさせてくれそうな記述です。その隣の"m Driver Unit”の意味がよくわかりません。

さて、肝心の音質の方ですが、既にブログの方では書いてしまいました。
再生周波数帯域は広く、低音域から高音域まで十分に伸びています。ただし、聴感上200~350Hz付近が異様に強調されており、非常に気持ち悪い音です。200~350Hz付近の異様な量の多さで、低音域と中音域がマスキングされてしまっています。大変広い周波数帯域を持っていながら、特定の周波数帯域が異様に強調されているため、音全体が汚染されているような感じです。恐らく、ハウジングの容量が不適当で、特定の周波数が強調されてしまっているように思われます。

残念ながら、この傾向はエージングによって解決することはありませんでした。

Kanenの製品の中では、Kanon MD-71に次ぐクズイヤホンでした。