Gadgets.‎ > ‎

Kanon MD-61.

中国製イヤホン Kanen MD-61 です。
先ずは、購入先のfocalprice.comの商品説明から見てみましょう。

Kanen MD-61 In-ear Headphones (Black)

  • With a balanced voice performance, comfort the sponge padand stylish appearance, this earphone becomes the first choice of game players.
  • Simple, fashional and exquisite design offers users convenience.
  • Ideal for voice and video chat, music, PC gaming, movies, and voice recognition.
  • Compatible with portable music player.
  • Reverting natural sound.
  • Exact inner structure.
  • Unique design.
  • Frequency response 10-28,000Hz.
  • Impedance: 32Ohm.
  • Sensitivity: 106dB.
  • Cable length: 1.2m.
  • 3.5mm connecters plug jack.
 
Product Details (including package):
weight:67 g
size:18*7.3*5.2 cm

Pack including:
1 × Kanen MD-61 In-ear Headphones
4 × Earcaps

スペック自体は、他のKanonブランドのKanon MD-51Kanon MD-52Kanon MD-71Kanon MD-72と同一のスペック表記です。
購入時のお値段はus$4.66で、Kanen/Kanonのイヤホンの中では、中の少し上の価格帯です。

パッケージは、他のKanenブランドのイヤホンと同じく三角形の見た目は良いが開けにくいパッケージです。パッケージの内容は、イヤホン本体と交換用イヤーピース二組です。


イヤホン本体部分です。特にこれと言った特徴のない本体部分です。ケーブルは布巻きタイプとなっています。


プラグは、Φ3.5mmのステレオ ストレートタイプで、金メッキが施されています。


ケーブルは、Y字型となっており、分岐部分はプラスチックモールド処理となっています。また、絡み防止用のスライダーが設けられており、タッチのノイズの軽減の為に有効でしょう。


イヤーピースを取り外したところです。音道の出口は黒色の不織布で塞いであります。この写真では良く写っていませんがドライバの前後に息抜き用の穴があけてありますので、このKanon MD-61は密閉型ではありません。


ドライバの背面側には訳のわからないU字型の物体が付いています。柔軟性に富んだ樹脂製です。


訳のわからないU字型の物体は360°回転させることができます。
と、ここで大問題発覚です。左右の区別が全く付きません。左右を判別するための印字も無ければ、刻印もありません。


そして、またまた大問題発生です。なんと"Active Noise"と書いてあるではないですか!(下の写真の女性の右上部分に大きく"Active Noise"と書かれています。) 活発なノイズとでも訳せば良いでしょうか。雑音が沢山出そうで嫌な予感です。


そして下の写真では、"in noise Earphones"と書いてあるではないですか!! ノイズ入りイヤホンとでも訳せばよいのでしょうか? とってもとっても嫌な予感がします。このKanen MD-61活発なノイズ入りイヤホンとデカデカと書かれちゃってます。なんか不思議な代物です。


スペック表記です。focalprice.comの商品説明と同一です。また、これまで評価したKanonのイヤホンと同一のスペック表記となっています。

実際に鳴らしてみると、ノイズは感じられませんでした。(当たり前ですよね。アクティブな回路は入っていないわけで、ノイズが発生するはずがありません。)
恐らく、"Noise isolation"とでも書きたかったのでしょう。ただ、完全な密閉型ではないため、遮音性はさほど高くありません。ちなみに、このKanon MD-61は、Kanenのホームページから姿を消しています。恐らく生産は打ち切られているのではないでしょうか。今後、Kanonブランドの商品は徐々に姿を消し、Kanenブランドに徐々に統合されていくのではないでしょうか。
このKanon MD-61ですが、とりたてて悪いところも無ければ、良いところも無いとだけ評しておきます。わざわざお金を出して買うような品物ではないでしょう。しかし、投げ捨てたくなるほどのひどい品物でもありません。値段相応の実用品といったところでしょう。