Gadgets.‎ > ‎

LosAngeles cola.

今回は、厳密にはガジェットではありません。清涼飲料のロサンゼルス・コーラです。
なんとも間抜けで、陽気で、バカっぽいネーミングです。こんなチープなネーミングセンスは嫌いではありません。思わず微笑んでしまうネーミングには、何故か探究心をくすぐられます。

そんなロサンゼルス・コーラですが、ネットの世界では結構出回っています。お値段は一本当たり50円弱でかなりお安いコーラです。缶のデザインは、何処となくコカ・コーラを彷彿とさせる色使いですが、チープさではロサンゼルス・コーラの方が何百倍も上手です。缶の下の方に描かれたお姉さんのイラストがチープさを倍増させています。

ロサンゼルス・コーラというネーミングではありますが、アメリカ西海岸にあるロサンゼルスとは、何の縁もゆかりもないであろう日本製です。わざわざ、囲みつきの文字で”国産”と書いてありますが、これが無ければ東南アジアの国からやってきたまがい物に間違われても仕方がない程度の怪しさは十分醸しています。しかし、実際にはサンガリアという、べたべたの大阪にある企業の製品です。昔は東京でもサンガリアのテレビCMをやっていましたがここしばらくは見た記憶がありません。
しかし、サンガリア自体はかなりちゃんとした飲料メーカーで、ペットボトル入りの日本茶の製法特許を保有しており、かなりの特許使用料収入を得ていると聞きます。それから、OEM製品の供給企業でもあり、隠れた一流企業とも言えるのではないでしょうか。

缶の下の方に描かれているイラストを拡大していました。ちょっとレトロな感じを醸しだすと同時に、絶妙なチープさも醸し出しています。これを見て、手を出すことをちょっと躊躇する人もいるでしょう。
実際に飲んでみると、コカ・コーラに少しドクターペッパーを混ぜて、更に水を入れて薄くしたような感じです。炭酸も少しだけ控えめで、さっぱりした飲み口です。個人的にはアリです。だだ、周囲の反応はすこぶる悪いです。どうしてでしょう。

ということで、私自身は結構気に入っているロサンゼルス・コーラです。もちろん一箱24本入りを大人買いさせていただきました。