Gadgets.‎ > ‎

MX500(?)

今回は、Dealextreme.comで売られていた、SENNHEISERの名機MX500をレビューします。今更SENNHEISER MX500なんて買ってる場合じゃないだろうという感はあります。しかし、人によっては「あの値段であの音質は反則だ」という意見も出るほどの名機です。私も、SENNHEISER MX500が話題になったころ買い求めましたが、確かに低音域から高音域まで広い再生レンジを持ったイヤホンでした。中音域に厚みを持たせている為、僅かにかまぼこ型の周波数特性に感じられましたが、なかなか見事な鳴りっぷりでした。反則という言葉は少々大げさですが良くできたイヤホンであることに変わりはありません。

このSENNHEISER MX500ですが、登場した当初から製造国は中国でしたので、製造を受託した企業からの横流し品があっても不思議ではありません。さて、今回入手したSENNHEISER MX500はあたりでしょうか外れでしょうか。先ずは、Dealextreme.comの商品説明から見てみましょう。

Designer's Stereo Earphones with Volume Control (3.5mm Jack/120CM Cable)

- Perfect for stereo sound effects
- With volume control
- It suited for any electrical device with audio output such as full-channel TV sound, PC, game player, audio device, MP3 / MP4 player, and CD player, iPod, PSP
- Jack: 3.5mm stereo
- Cable length: 120cm


そっ気のない商品説明です。商品説明では、SENNHEISERの名前は一切書かれていませんが、商品の写真にはしっかりとMX500の型番が写っており、SENNHEISEIの商品を知っている人であればすぐにピンとくるはずです。

到着した商品を見てみましょう。白色と透明のフィルムに挟み込まれた様子は、uSONYのMER-EX700(偽)と同様のパッケージングで、既に偽物危険信号点灯です。そのくせ、SENNHEISERと書かれたシールが貼られています。

パッケージの裏面には、真贋の判定方法が記載されており、怪しさ倍増です。

どう考えても本物のSENNHEISER MX500がビニール袋に入れて売られている訳がありません。他の商品に添付されるバンドル品であれば、もっとシンプルな包装であるはずです。ますます怪しさが醸しだされてきます。

パッケージを開けて中身を取り出してみました。何故かケーブリングはネックチェーンタイプとなっています。ネックチャーンタイプのイヤホンって日本だけだと思うのですが・・・。でもフィリップスのイヤホンはネックチャーンタイプですね。

イヤホン本体部分です。しっかりSENNHEISERと記されています。

反対側にはMX500という型番も記載されています。独特の書体は、日本国内で購入した正規品と同一です。

ケーブルの途中には、ボリュームが付けられています。この辺りも、正規品と全く同じです。

プラグ部分は正規品とは別物です。正規品は、L字型プラグで、金メッキは施されていません。しかし、今回入手したSENNHEISER MX500はストレート型で、しかも金メッキが施されています。

正規品と並べてみました。正規品は巻き取り式のケースが付属しますが、今回入手したSENNHEISER MX500にはケースは付属しません。

さて、肝心の音質ですが、正規品と今回入手したSENNHEISER MX500では違いが感じられました。今回入手したSENNHEISER MX500の方がフラットな周波数特性に感じられます。正規品では中音域に厚みがありますが、今回のSENNHEISER MX500では中音域の厚みが感じられず、フラットな鳴り方です。また、音場感は寧ろ今回入手のSENNHEISER MX500の方が優れているように感じられました。特に大編成のオーケストラでは、正規品の方がこじんまりとまとまってしまう傾向が見られました。

ただし、良い点ばかりではありません。今回複数のSENNHEISER MX500を入手したのですが、そのうちの一つで左右のドライバの位相が合っていない個体がありました。分解して確認したところ、ドライバ部分の結線が左右で逆になっていました。やはり品質管理と検査工程に問題があります。

購入時の価格はus$2.90で、かなりお買い得感はあります。また、正規品とは若干異なったキャラクターを持っていますが、フラットな鳴り方は正規品と比較して劣っていません。もっとも、比較対象のMX500は正規品ではありますが、購入から十年以上経過したものですので、劣化が進んでいる可能性は否めませんので、今回のレビューが絶対では無いことを強調しておきます。

名機の誉れ高いSENNHEISER MX500の良い部分はしっかりと引き継がれたイヤホンです。お勧めの品物ではありますが、購入する際には不良品が混ざる可能性がありますので、複数個の購入を強くお勧めします。