Gadgets.‎ > ‎

Oxyride battery.

※パナソニックのオキシライド乾電池は既に生産終了となっています。(やはり品質に問題があったようです。)
パナソニックのオキシライド乾電池が液漏れを起こしました。シャープの電子辞書にこの電池を使用していたのですが、電源が入らなくなり、電池交換をしました。ところが、電池が出てこないのです。無理やりペンチでつまんで引きだしたら、写真のような状態になっていました。


液漏れを起こして、オキシライド乾電池そのものが膨れ上がってしまっていて、取り出すことができなくなっていました。


オキシライド乾電池のマイナス極側が、完全に脱落したような状態になっていました。


オキシライド乾電池のマイナス極側は、大量の白い粉を噴いており、外装部分は脱落しています。
近年、乾電池は安全性が向上し、特に液漏れという事故は、遠い過去の記憶となっていました。ところが、オキシライド乾電池はまだまだ安全性の低いもののようで、ごらんのようなひどい液漏れを起こしてしまいました。オキシライド乾電池は、まだまだ熟成が足りないようです。安全性重視ならば、十分枯れたアルカリ乾電池の使用が賢明です。大切な機器を壊さないためにも、熟成不十分なオキシライド乾電池の使用は避けるべきでしょう。