Gadgets.‎ > ‎

Toolkit knife.

秋葉原での事件がきっかけとなり、銃刀法が改正されました。この改正により、刃渡り5cmを超える刃物を理由なく携帯することが禁止されました。刃渡りが5cm以下の場合でも、軽犯罪法により他人を傷つける恐れのある器具の携帯は禁止されています。ということで、意味もなく刃物を携帯してはいけないわけです。まあ、当然です。傷つける器具を持たなければ、傷つける可能性も少しは減るわけですからね。

ただ、こういった刃物というものは、妙に所有欲をくすぐるわけで、特に何に使うわけでもないのですが、ちょっと欲しくなります。所謂十徳ナイフですが、代表格はヴィクトリノックス社の製品です。その中でもスイスチャンプは、機能の多さでは名実共にチャンピオンなわけです。世界一小さな道具箱と言われている商品ですが、実際に使ってみると実用性はかなり低くて、無理やり色々と詰め込んだだけの品物です。実際使ってみると、かなり使いにくいものです。

それでも、ちょっと欲しいわけで、所謂コレクターズアイテムです。スイスチャンプと同等とはいきませんが、かなりお安い品物を見つけましたので買ってみました。

購入はいつものdealextreme.comです。

いつものことながら、中華製品ですから包装は頼りないくらい簡単なもので、無地の白箱に入っているだけです。この箱も、輸送中の取り扱いのため、ボロボロでした。
では商品を見てみましょう。外観は、意外といい感じです。ずっしりとした重量感があり、なかなかしっかりとした作りです。


刃はステンレス製です。磁石に着きますので400系ステンレスですね。写真のように刃を開ききっても柄と刃が一直線にならずに、微妙に角度がついています。雑ではありますが刃は磨きこまれており、一応の水準は保たれているようです。低価格の刃物の割にはしっかりと刃付けがされており、カミソリのようにとはいきませんが結構な切れ味です。


のこぎりです。実用性はかなり低そうです。


魚のうろこ取りと針外しです。同様の物は他のナイフにもよく付いていますが、一度も使ったことがありません。使い勝手は全く不明です。


ハサミです。もっとも実用性が高い部分でしょう。切れ味も申し分ありません。作りも丁寧です。


左側がマイナスドライバと栓抜きです。右側が缶切りです。最近は栓抜きが必要な飲み物が減っていますし、缶切りが必要な缶詰も減少の一途ですので、実用性はというよりも利用シーンが激減しています。


ワインオープナーとかコルク抜きとか呼ばれているものです。まあ、邪魔にはなりませんが滅多に使いませんね。


これ、なんに使うんでしょうね。パンツの紐通しでしょうか?


引っかかりが少なくって、削れそうもないやすりと爪の垢取りです。これも使いませんね。


パンチと思われる物です。とりあえず、ヴィクトリノックスの真似をしてつけたんでしょうが、全然だめだめです。ヴィクトリノックスの製品は、ちゃんと刃がついていてパンチ(キリ)の役目を果たすのですが、これは刃がついていません。ただの金属の棒です。


プラスドライバです。まあ、これは使えますね。