Gadgets.‎ > ‎

WF-501B+K2.

今更ですが、LUXEON K2搭載の中華ライト UltraFire WF-501B を購入しました。
2005年にデビューしたPHILIPS LUMILEDSの高出力LEDであるLUXEON K2ですが、このところすっかり影が薄くなってしまいました。
デビュー当時は高嶺の花だったK2も既にディスコンになってしまいました。そして、今回入手したものも恐らくデッドストック品でしょう。ほとんど投げ売りのような価格で入手しました。

入手先は、この手の商品を大量に品ぞろえしているDealExtreme.comです。

先ずは、DealExtremeに掲載の商品スペックに目を通してみます。

 Brand:Ultrafire
 Model:WF-501B
 Emitter Brand/Type:Philips Lumiled
 Emitter BIN:Luxeon K2 (PW14U003W)
 Emitter Color:White
 Total Emitters:1
 Battery Configurations:1 x 18650 or 2 x 3.0V/3.6V CR123A batteries
 Voltage Input:3.0V~18.0V
 Switch Type:Clicky (Clickie)
 Switch Location:Tailcap (Tail-cap)
 Modes:1
 Mode Memory:-
 Mode Arrangement:-
 Typical Battery Runtime:~1 hour (manufacturer rated)
 Brightness:100 lumens max (manufacturer rated)
 Circuitry:800mA Current Output, Digitally Regulated Driver Circuitry
 Lens:Coated Glass Lens
 Reflector:Aluminum Textured/OP Reflector
 Carrying Strap:Strap Included
 Carrying Clip:-

輝度は100ルーメンで、今となっては寂しい値ですね。現在では200ルーメンを超える製品が珍しくありません。トップクラスになるとSSCのP7エミッタ搭載で900ルーメンという商品もあります。点灯モードも1モードのみで、所有欲をくすぐられる商品ではありませんね。
バッテリーは、18650リチウムイオンかCR123×2個という構成で、この辺りはSureFireからのパクリですね。

エミッタはLUXEON K2のU00ランクです。100ルーメンという値はPHILIPSのデータシートによると1000mA時の値ですから、恐らくリフレクタによる反射分も含んでということでしょう。

注文から待つこと2週間、見慣れた黄色い封筒に入って香港から送られてきました。


中身は大分くたびれたエアキャップにくるまれたWF-501Bです。在庫期間の長さを物語っているように感じます。


この商品は、SureFireのパクリ商品ですから、こんなふうに分解できます。SureFireのヘッドやドロップインモジュールを使うことも可能らしいです。ドロップインモジュールだけ買ってきて、今風のライトに仕立ててもよいですね。一回分解して、シールド部分にグリスを塗るのはデフォの作業です。


エミッタ部分です。やはり、半田付けは雑ですが、やりなおすほどひどくはないのでこのまま使うことにします。K2エミッタ独特の六角形のヒートシンクが確認できます。


照射パターンはワイドで、中央部分の照度のピークが低い配光パターンで、遠距離照射向けではありません。色調は青みが抑えられており、やや黄色の発色です。