Gadgets.‎ > ‎

Zishan Z3

先日購入した音楽プレーヤーZishan Z1がなかなか良かったので、上位バージョンのZishan Z3を買ってみました。
DACがAKMのAK4490という、なかなかイイものにアップグレードされていたり、多少は操作性をよくするためでしょうか、小さなOLEDディスプレイが追加されていたりします。
残念なことに、ボリュームつまみは無くなって、ボタン操作で音量を調節するように変更されています。これに関しては好みの問題もありますが、なんか寂しい感じがします。耐久性やスペースの観点ではボタン操作での音量調節の方に分があるのでしょう。

注文から一週間程で小さな段ボール箱が届きました。飾りっ気は一切なしです。この辺りは質実剛健な印象を受けます。

段ボール箱を開いてみました。Zishan Z1の時と同じく、プチプチにくるまれた本体とUSBケーブルしか入っていません。この辺りも個人的には好きですね。

箱の中身を取り出してみました。本体はZishan Z1と比較してかなり小さくなっています。ただし、厚みは結構あって、フトミジな感じです。

梱包材を外してみました。ずんぐりむっくりの本体正面には単色表示のOLEDディスプレイと5つの操作ボタンがあるだけです。非常にシンプルです。

本体背面です。ブランド名と型式名以外に、簡略ではありますが能書きが書いてあります。AK449Xとさりげなく書いてありますね。

本体上面です。ボリュームつまみが無いので、PO(Phone Out)とLO(Line Out)の二つの出力端子があるだけです。

本体底面です。マイクロUSB端子は充電とUSB-DACとして使用するときに使います。電源スイッチは小さなスライド式スイッチです。耐久性はあまり良くなさそうに感じます。LEDと書いてあしますが、充電中スイッチの部分に青色LEDの光が漏れだしてきます。USB-DACとして使用中は青色LEDが点滅します。飾りっけは一切ありません。TFと書いてある部分は、マイクロSDカードを挿入するスロットになっています。

Zishan Z1と並べてみました。フトミジなのが良くわかりますね。

販売サイトにブロック図が乗っていましたので転載してみました。DACがAK4490、LPF(ローパスフィルタ)としてAnalog DevicesのOP275が使われています。そして、出力用にはNational SemicondactorのLM4562が使われています。音質に影響しそうな部分にはなかなかイイ部品が使われています。この内容で購入時の価格¥4,200円なら、そこそこお買い得じゃないかと思います。

本体を開けて、交換可能となっているオペアンプ部分をみてみました。Li-Poバッテリーがかなりの面積を占めていますね。

実際に音を出してみましたが、ノイズが全く感じられません。OLEDディスプレイが悪さをするのではないかと危惧していたのですが、そんなことは全くありません。やはり特筆すべきは定位の良さです。ボーカルはきちっと真ん中に定位し、口も小さいです。また、AKMのDACに用意されているサウンドカラーという機能も使えます。これは、AK4490に内蔵されているローパスフィルタの特性を変えるものです。ロールオフ周波数とディレイをあらかじめ用意された5つのパターンから選べるようになっています。その他に、10バンドのイコライザも用意されています。ただし、イコライザはマスターゲインの調整ができませんので、イコライザをプラス側に調整すると、比較的容易に飽和してしまいますので、基本は過剰な部分を削る方向で使用すべきでしょう。基本的にはイコライザは使用しない方が良いかもしれません。
Comments