Gadgets.‎ > ‎

ZY-552.

SMALL SUNのZY-552です。focalprice.comで購入しました。focalprice.comでは、us$20を超えないと追跡可能な小包にしてくれません。注文から1か月、ひたすら待ちました。ちなみにdealextreme.comでは、us$15以上は追跡可能な小包として発送してくれます。

先ずは、focalprice.com記載のスペックから見てみましょう。

Powerlight Compact 3W LED Flashlight with Lanyard (Black)

  • 35 Lumens output.
  • Input voltage 1.5V.
  • Rear click on/off switch at the end of the torch body.
  • Powered by one AA battery ( Battery not included ).
  • Dimensions: 3.75 in * 0.79 in * 0.79 in.
  • Super bright flashlight with one white LED light which is brighter than normal LEDs, visible over a long distance in the dark.
  • Comes with a lanyard for easy and convenient carrying.
Product Details:
weight:42 g
size:10*3*3 cm

Pack including:
1 × Powerlight Compact 3W LED Flashlight with Lanyard

価格はus$2.86で、本当に3Wattの出力であれば、格安の掘り出しものです。

外観は、ごく一般的な小型単3電池1本使用のLEDライトに見えます。ただし、FENIXやULTRA FIREブランドの製品と比較すると作りが雑です。(ULTRA FIREも結構雑な作りですが、それと比較しても雑です。)
本体はアルミの削り出しのようにみえますが、全体的に肉薄で、耐久性は低いように思われます。値段なりの作りと言えるでしょう。(下の写真に写っているランヤードは付属のものではありません。)


本体はヘッド+バッテリケース部分と、テールキャップの2ピース構造で、レンズ、リフレクタ、LED、コンバータは圧入してあり、分解は難しそうです。

低価格商品らしく、レンズは樹脂製です。リフレクタも恐らく樹脂製でツルツルの所謂スムースリフです。LEDエミッタは、樹脂パッケージの5mm砲弾型と思われます。


テールキャップ部分のスイッチは飾り気のない黒いゴムでキャップが付いています。このゴム製のキャップが、いかにもゴムという匂いを放っています。


実際に点灯させてみると、3Wは絶対に出ていないと思われる明るさです。砲弾型LEDエミッタの標準的的な明るさと言えるでしょう。実際にインドアで、ペンライト代わりに使うのであれば十分な明るさでしょう。アウトドアユースでも、手元や足元を照らす程度であれば十分な明るさではないでしょうか。


実際にどのくらいの電力を消費しているか、測ってみました。0.33Aしか流れていません。電池の電圧1.5Vをかけると、約0.5ですので、消費電力は0.5Wということが解ります。

focalprice.comの商品表記は、かなり誇大であったわけですが、値段が値段ですから納得してあげてもよいでしょう。というか、もしかすると3Wは出力(正確には消費電力だが)を表しているのではなくモデル名とか構造とかそういったものを表しているのかも知れませんね。この辺は、中華特有のおおらかさなのかもしれません。
値段と釣り合わない性能の商品を見つけた時には、おおらかに接するべきなのでしょう。だだ、この商品はうたい文句の実力はなかったわけですが、コストパフォーマンスという観点からみれば上出来な商品ではないでしょうか。
ちなみに、中国のお店では10元で売っています。日本円にして150円くらいでしょう。