Take a walk.‎ > ‎

Apr. 4, 2010

日本という国は、桜の国だと感じました。ちょっと散歩するだけで、沢山の桜に巡り合います。
桜というと思い出すのは、何故か映画の「男はつらいよ」です。冒頭のナレーションで江戸川沿いの桜のことが語られています。そして、寅さんが妹の「さくら」のお見合いの席で「桜と言う字は 二階の女が気にかかる と書く」というシーンを思い出します。旧字の櫻は「二貝の女が木にかかる」と読めるんです。

最初は山下公園です。山下公園というと、横浜の山下公園が有名ですが、恵比寿にも山下公園があります。地元では、山下公園というより、「タコ公園」という方が通りが良いかもしれません。「タコ公園」の由来は、公園の真ん中にタコの形をした滑り台があるからです。
そんなタコ公園の桜です。背が低く横に大きく広がった枝ぶりがなかなかいい感じです。見事な枝は、道の反対側まで届きそうです。


山下公園の桜は、樹齢の嵩んだ桜の木特有の黒い幹と、桜の花びらのコントラストが見事です。


山下児童遊園


次は、明治通りの東健康プラザ付近です。ここの桜はしだれ桜で、花弁の色が少しだけ濃い色合いです。


ソメイヨシノよりも開花時期が少しだけ遅いようで、まだ蕾が目立ちます。

東健康プラザ付近


場所は変わりまして、並木橋近くの「金王八幡」(こんのうはちまん)です。桜並木というには少しさびしい感じですが、なかなか見事な枝ぶりの桜です。


「金王桜」という桜の木がありました。恐らく「金王桜」という種類の桜なのでしょう。まだ、若い木のようで、枝ぶりは少しさびしいです。


ここでも、お花見の宴が開かれています。

金王八幡


広尾中学校の桜です。


広尾中学校の裏手にも桜の木が沢山の花を咲かせています。歩道橋に上ると、桜の花を間近に見ることができます。


明治通りの広尾一丁目付近です。これまで全く気にしていませんでしたが、この辺りは桜並木になっていたんです。その昔は、歩道も無く、道幅もずっと狭かったので、恐らく道路拡幅の際に植樹されたのでしょう。それにしても、なかなか見事な桜並木です。


早いもので、既に散り始めた花もあります。散って道端に横たわる花びらも、散りゆく美しさがあります。