Take a walk.‎ > ‎

Feb. 21, 2010

夜の路地裏で見かけた、暖かな明かりの所在を確かめてみました。

その日は、夜もふけていて特に寒い夜でした。何故か真っ直ぐ家に帰る気持ちにもならず、少しだけ路地裏を歩いていました。街の明かりは風の冷たさを強調するような寒々とした明かりばかりでした。そんな時、ふと路地の先を見ると、暖かな印象の明かりを灯した、ひときわ大きなガラス窓が目に入りました。寒々とした景色の中で、その明かりは少しだけ勇気付けられた気持ちになりました。
さて、今回はその明かりの正体を突き止めるために、路地裏を散歩してみました。

散歩の出発点は、恵比寿四丁目交差点です。今回は、恵比寿四丁目の交差点を北に進みます。

恵比寿4丁目交差点



ちなみに、恵比寿四丁目交差点を西の方向に進むとJR恵比寿駅です。下の写真の中央に写っているクリーム色のひときわ大きな建物が、恵比寿駅ビルです。


恵比寿四丁目交差点のすぐそばに、ちょっと目立つ建物があります。わざと古いトタン板で覆われた建物は、ちょうどディズニーランドのビッグサンダーマウンテンの様な雰囲気です。赤いペンキでZESTと書かれていますが、この建物はレストランです。一度だけここで食事をしたことがありますが、それ以来どうも足が向きません。そんな雰囲気とお味のお店です。


さて、恵比寿四丁目の交差点を南に進むとやがて右に進む路地が現れます。角には「博一」という寿司屋があります。


その路地を西の方向に進んでいくと・・・。


金光教麻布教会があります。寒い夜に見た、温かい光の正体はこの建物でした。それにしても、麻布教会というのはどういうことでしょう。ここは住所的には恵比寿です。麻布というとお隣の港区にある町の名前です。恵比寿と麻布は、位置的にも結構離れています。ちょっと誤解を与えてしまう呼び方ですね。まあ、確かに恵比寿と麻布ならば麻布の方が数段格上ですので、そういった意味で麻布とつけたのかもしれませんが。意外とミーハーなんでしょうね。

金光教麻布教会


さて、明かりの正体を突き止めましたので、さっさと帰ることにします。件の教会の前にある交差点を教会とは逆の方向(南)に進んでみました。


路地の先はT字路になっています。このT字路を右(西)に行くと、景丘ちいさい秋公園です。今回は景丘ちいさい秋公園とは逆の方向に進んでみます。


T字路を左に進むと道が極端にほそくなります。道というよりも軒先といった方が良いかもしれません。通れそうなので、そのまま前進します。


そのまま前進すると、左方向に道は曲がっていて、その先はいきなりの階段です。

突然の階段


階段を昇ると、そこは渋谷区立加計塚小学校の裏門でした。


渋谷区立加計塚小学校の裏門の前を進むと、サッポロビールの社屋が見えてきました。


先ほど通ってきた路地を振り返ってみました。


路地の近くには、景丘公園があります。この公園の前には常にタクシーが停まっています。どうやら、タクシーの運転手さんは景丘公園のトイレで用を足しているようです。下の写真にも用を足し終えたタクシーの運転手さんが景丘公園から出てくるところが写っていますね。

景丘公園