Take a walk.‎ > ‎

Feb. 27, 2010

幼いころから、坂の上には何かがある、坂の向こうには何かがあるとなんとなく思っていました。そんなことを思うのも、恵比寿という土地が意外にも坂の多い場所だということがあるのかもしれません。そして坂の上に何かができるとも思っていました。そして、何年も経ってから恵比寿ガーデンプレイスが出来ました。その建物の形が夢に出てきた「坂の上の何か」に似ていたことに驚きを覚えました。

今回は、幼いころから気になっていた、坂の上、そして坂の向こうに何があるのかを見るために散歩してみました。
先ずは、坂の下から出発です。恵比寿郵便局前の交差点から、これから昇っていく坂を見てみました。昔はずいぶんと急な坂という印象があったのですが、こうやってみるとさほど急でもなく、高低差もそれほどではありませんね。

渋谷恵比寿郵便局交差点


坂の上です。サッポロビールの本社ビルがあります。むかし、ここは高い塀に囲まれたビール工場がありました。その頃は、道幅も狭く、人通りも少ない場所で、夜歩くのは躊躇われるような場所でした。恵比寿ガーデンプレイスが出来て開けた場所になりました。そして、沢山の人が訪れる場所になりました。


坂の頂上から更に南の方に歩いて行くと、ウェスティンホテル東京があります。自宅から歩いて数分の場所にこんなデラックスなホテルが出来たということに驚きを感じるとともに、ちょっとした違和感を感じます。


このまま真っ直ぐ進んでしまうと、茶屋坂を通って中目黒にいけますが、茶屋坂の方は既に行きましたので、今回はウェスティンホテル東京の裏手の道を進んでみます。

ウェスティンホテル東京近くの分かれ道


分かれ道を左の方に進むと、道はゆったりと右へ左へと曲がりながら下り坂にになります。


そして道は変形した十字路に至ります。今回は、この十字路を左に進みます。


十字路には、歩道を塞ぐように大木が生えています。

歩道を塞ぐ大木


しばらく進むと首都高速目黒線の下に出ます。


首都高速の下は、白金トンネルです。


来た道を振り返ると、恵比寿ガーデンプレイスが見えます。不思議なもので、坂の上には高い建物が立ち並び、坂の下には低い建物が多く立ち並びます。どうやら、建物はもともともの地形を強調する性質があるようです。


首都高の下をくぐりぬけて進むと、そこは白金台です。
木立が見え始めますが、この木立は国立科学博物館に所属する自然教育園の木立です。


やがて道は上り坂にさしかかります。日東坂という名の由来が書かれています。


白銀台5丁目です。このあたりまでくると、目黒駅が最寄り駅です。


白金のことを、殆どの方が「しろがね」と呼びますが、正しくは「しろかね」です。でも、このマンション、「SHIROGANE」と大きく彫っちゃってますね。でも本当は・・・。


「しろかね」です。地番表示もごらんのとおり「SHIROKANEDAI」ですね。


坂を登り切ったあたりに松岡美術館があります。今回は、素通りします。


更に進むと、道は外苑西通り、通称「プラチナ通り」に突きあたります。
突きあたりには、医科研病院がありました。


写真左側に写っている白い建物はブルーポイントというレストランです。私の知る限り、ずっとここにありますので老舗といっても良いのではないでしょうか。


途中、こんな変な建物を見つけました。一階は、松本平太郎美容室が入っています。


ちなみに、松本平太郎美容室の隣は小熊機械という会社です。変な形の建物の隣は、妙に可愛らしい名前の会社でした。


ここから少し方向を変え、目黒駅の方に(写真では右の方向です)に向ってみます。


白金台に入ったとたん目に飛び込んできた木立の正体がこれです。国立科学博物館付属の自然教育園です。とにかく巨大な原生林(といっても、もともとは武家屋敷でしたので完全な原生林ではなく、他人の手は加えられています。)が広がっています。


自然教育園に隣接する庭園美術館です。アールデコ様式の建物が見事で、ルネ・ラリックによる装飾窓が見事です。一見の価値ありです。