Take a walk.‎ > ‎

Mar. 20, 2010

「雷神誕生の地」を巡ってきました。雷神誕生の地がこんなに近くにあったとは、灯台元暗しですね。
今回の散歩の出発点は、外苑西通りの恵比寿三丁目交差点です。外苑西通りに並行して走る首都高2号線の下を抜けると、そこは三光町の商店街です。


三光町の商店街に入ると、程なくして渋谷区と港区の区境です。通常、区境は道路とか川だったりすることが多いのですが、ここは家と家の間に区界があります。下の写真のように、唐突に区境の表示があります。

恵比寿三丁目交差点


三光町の商店街から逸れて、階段を上った所に「雷神誕生の碑」があります。


「雷神誕生の碑」の裏側はこんな風です。雷に撃たれた感じを表現しているのが、雷神が殻を突き破って飛び出した様子を表現したのが解りませんが、なかなか印象的なオブジェです。


もともとは神社の社がだったようですが、現在は氷川神社に合祀され、社は無くなっています。現在は公園になっていますが、かつで参道であったであろう石畳も残されており、面影が残っています。

雷神誕生の碑


帰りは白金の方に回ってみることにしました。途中「蜀江坂(しょっこうざか)」という坂を上り、白金台の方に向かってみました。


「蜀江坂」の上に「興禅寺」というお寺があり、そこにはありがたいお言葉が・・・。
「子供は親の言うようにはならぬ 親のしているようになる」ですって。なんか身につまされます。


この辺りも開発の対象となっているようで、空き地が目立ちます。この辺りは高台ですので、六本木の方まで視界が開けており、とても気持ちがいいです。


食事をしたファミリーレストランにこんなものがありました。アンパンマンは意外と簡単に書けそうです。


恵比寿に戻ってくると、辛夷の花が一面に咲いていました。桜に先駆けて辛夷の花が満開です。

辛夷並木